住宅ローンとは?その概要と返済方法について

家を建設する際に重要な住宅ローン

住宅は一生で一番高い買い物であるといわれています。ですから、家を建てる際に現金で建設できる人は少ないものです。ほとんどの人が金融機関の住宅ローンを利用して建てるのです。住宅ローンのメリットは比較的金利が低いことでしょう。他にも、30年以上にわたるローンを組めること等があります。ただし借り入れられる金額や金利などは、借りる人の属性が大きく影響します。大企業に勤めていたり、公務員などの安定している職種の人であれば、比較的長期で低金利で借りることが出来るのです。しかし、借りる人が中小企業等に勤めている場合であっても、年収が高かったり、長年一つの会社に勤めている場合であれば「安定的」と金融機関側に見なされ、低金利で借りることも出来るかもしれません。

元金均等返済と元利均等返済

住宅ローンには2つの返済方法があります。一つは元金均等返済です。これは元金を減らしたい場合にはメリットのある方法です。しかし、返済開始当初の返済額が比較的大きくなるのがデメリットです。もう一つは元利均等返済という方法です。これは、返済開始当初は元金均等返済よりも返済額が少なくて済むので、手元のキャッシュを残したい場合にはメリットになります。しかし、元金均等と違い、返済開始当初は利息分の返済額が大きいので、元金がなかなか減っていかないというデメリットもあります。そして、総返済額でみると元金均等返済のほうが少なく済みます。手元のキャッシュに余裕がある場合には、元金均等返済の方を選ぶほうがよいかもしれません。