建物本体は予算の何%が目安?

土地があるかないかで予算は大きく変わる

土地がある場合には、建物の費用とその他の費用だけで家を建設することが出来ます。しかし土地がない場合には、土地探しをしなければなりません。もしも、土地から購入して家を建設する場合には、出来るだけ土地の費用を抑えたいところです。そうすれば、住宅ローンもたくさん借りる必要性がなくなります。しかし、安い土地ばかりを集中して探していると、いざ良い土地が見つかっても立地の悪い土地であることも多いのです。もし、安い土地が見つかった場合には、立地などを確認してさらに現地調査などをしたほうがよいでしょう。不動産会社の情報だけではわからないことでも、現地に行けばなぜその土地が安く買えるのかわかることもあるのです。

建設費用以外の費用とは

家を建てる時には、建物を建てる本体費用以外にもお金がかかります。例えば、外構工事費用であるとか、ガスや水道の引き込み費用なども考えられます。その費用は建設費用の20パーセントくらいを見積もっておくとよいでしょう。つまり土地代を除くと建物の費用は建設総費用の80パーセントくらいで考えておいた方がよいということです。それ以外の費用が20パーセントほどかかるので、合計で100パーセントになります。ただし建物も木造であったり鉄筋コンクリートなどで、建設費用が大きく変わります。基本的には、木造よりも鉄骨のほうが建設費用がアップします。鉄骨よりもコンクリート造りのほうが、さらに費用がアップする傾向があることを覚えておきましょう。